SDGs【目標2】飢餓に終止符を打ち、食糧の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する

2飢餓をゼロに

SDGs目標2のターゲットと指標

  ターゲット
2.1

2030年までに、飢餓を撲滅し、すべての人々、特に貧困層および幼児を含む脆弱な立場にある人々が一年中安全かつ栄養のある食糧を十分得られるようにする。

  • 2.1.1 栄養不足蔓延率(PoU)
  • 2.1.2 食料不安の経験尺度(FIES)に基づく、中程度又は重度な食料供給不足の蔓延度
2.2

5歳未満の子どもの発育障害や衰弱について国際的に合意されたターゲットを2025年までに達成するなど、2030年までにあらゆる形態の栄養失調を撲滅し、若年女子、妊婦・授乳婦、および高齢者の栄養ニーズへの対処を行う。

  • 2.2.1 5歳未満の子供の発育阻害の蔓延度(WHO子供の成長基準の中央値から-2SD未満の年齢に対する身長)
  • 2.2.2 5歳未満の子供の栄養失調の蔓延度(WHO子供の成長基準の中央値から+2SDより大きいか又は-2SD未満の身長に対する体重)(タイプ(衰弱、過体重)別に詳細集計)
2.3

2030年までに、土地その他の生産資源、投入財、知識、金融サービス、市場、および付加価値や非農業雇用の機会への平等なアクセスの確保などを通じて、女性、先住民族、小規模な家族経営の農家、牧畜家および漁師をはじめとする、小規模食糧生産者の農業生産性および所得を倍増させる。

  • 2.3.1 農業/牧畜/林業企業規模の分類ごとの労働単位あたり生産額
  • 2.3.2 小規模食料生産者の平均的な収入(性別、先住民・非先住民の別)
2.4

2030年までに、持続可能な食糧生産システムを確保し、生産性および生産の向上につながるレジリエントな農業を実践することにより、生態系の保全、気候変動や極端な気象現象、干ばつ、洪水その他の災害への適応能力向上、および土地と土壌の質の漸進的改良を促す。

  • 2.4.1 生産的で持続可能な農業の下に行われる農業地域の割合
2.5

2020年までに、国内、地域、および国際レベルで適正に管理および多様化された種子・植物バンクなどを通じて、種子、栽培植物、飼育動物・家畜、およびその近縁野生種の遺伝的多様性を維持し、国際的合意に基づく遺伝資源および伝統的な関連知識の活用による便益へのアクセスおよび公正かつ公平な共有を推進する。

  • 2.5.1 中期又は長期保存施設に確保されている食物及び農業のための動植物の遺伝資源の数
  • 2.5.2 絶滅の危機にある、絶滅の危機にはない、又は、不明というレベルごとに分類された在来種の割合
2.a

国際協力の強化などを通じて、農村インフラ、農業研究・普及サービス、技術開発、および植物・家畜遺伝子バンクへの投資を拡大し、開発途上国、特に後発開発途上国における農業生産の強化を図る。

  • 2.a.1 政府支出における農業指向指数
  • 2.a.2 農業部門への公的支援の全体的な流れ(ODA及び他の公的支援の流れ)
2.b

ドーハ開発ラウンドの決議に従い、あらゆる形態の農産物輸出補助金および同一の効果を伴うすべての輸出措置の並行的廃止など、世界の農産物市場における貿易制限や歪みを是正および防止する。

  • 2.b.1 農業輸出補助金
2.c

農産物商品市場およびデリバティブ市場の適正な機能を確保するための措置を講じ、食糧備蓄などの市場情報への適時のアクセスを容易にすることにより、食糧価格の極端な変動に歯止めをかける。

  • 2.c.1 食料価格の変動指数(IFPA)

出展:外務省仮訳(https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000101402.pdf)

SDGs【目標2】飢餓に終止符を打ち、食糧の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する

私たちが食料の生産、共有、消費の方法を考え直す時が来ています。
農林水産業は適切に機能すれば、すべての人に栄養豊富な食料を提供し、適正な所得を創出しつつ、人間中心の農村開発を支え、環境を守ることができます。

現状を見ると、私たちの土壌や淡水、海洋、森林、そして生物多様性は急激に劣化しています。
気候変動は、私たちが依存する資源をさらに圧迫し、干ばつや洪水などの災害に関連するリスクを高めています。
農村で暮らす多くの女性と男性は、その土地で生計を立てられなくなり、機会を求めて都市への移住を余儀なくされています。
また、食料不安の結果、数百万人の子どもが深刻な栄養不良による発育不全や低身長症に陥っています。

現時点で空腹を抱える 8 億 1,500 万人に加え、さらに 2050 年までに増加が見込まれる 20 億人に食料を確保するためには、グローバルな食料と農業のシステムを根本的に変える必要があります。
農業生産性を高める能力の強化には、農業への投資が欠かせないほか、飢餓の危険の緩和に資する持続可能な食料生産システムも必要です。

事実と数字

飢餓
  •  現在、世界人口の 9 人に 1 人(8 億 1,500 万人)が栄養不良に陥っています。
  •  世界で飢餓に苦しむ人々の多くが暮らす開発途上国では、栄養不良率が人口の 12.9%に達しています。
  •  飢餓に陥っている人々が最も多いのはアジアで、全体の 3 分の 2 を占めています。南アジアの割合は近年、低下してきていますが、西アジアの割合は微増となっています。
  •  最も飢餓が広がっている南アジアでは、約 2 億 8,100 万人が栄養不良に陥っています。サハラ以南アフリカでは、2014‐2016 年の期間予測値で、栄養不良率がおよそ 23%に上ります。
  •  栄養不良が原因で死亡する 5 歳未満の子どもは年間 310 万人と、子どもの死者数のほぼ半数(45%)を占めています。
  •  世界の子どもの 4 人に 1 人は、発育不全の状態にあります。開発途上国に限ると、この割合は 3 人に 1 人に上昇します。
  •  開発途上国では、就学年齢の子ども 6,600 万人が空腹のまま学校に通っていますが、アフリカだけでも、その数は 2,300 万人に上ります。
食料の安定確保
  •  世界で最も就業者が多い産業である農業は、現在の世界人口の40%に生計手段を提供しています。また、農村部の貧困世帯にとっては、農業が最大の所得源かつ雇用源となっています。
  •  ほとんどが天水農業を営む全世界 5億軒の小規模農家は、開発途上地域の大部分で消費される食料の80%程度を提供しています。小規模農家への投資は、最貧層の食料安全保障と栄養状態を改善し、国内・世界市場向けの食料生産を増大させる重要な手段です。
  •  1900 年代以来、農地からは作物多様性の約 75%が失われています。農業多様性をよりよく活用すれば、さらに栄養豊富な食生活、農村の生計改善、営農組織のレジリエンスと持続可能性向上に貢献できます。
  •  女性の農民が男性と平等に資源にアクセスできれば、全世界で飢餓に苦しむ人々を 1 億 5,000 万人も減らせる可能性があります。
  •  全世界で 40 億人が電力を利用できていませんが、そのほとんどは開発途上地域の農村部で暮らしています。多くの地域ではエネルギーの貧困が、貧困を削減し、世界が将来の需要を満たせるだけの食料を生産できるようにするうえで、根本的な障壁となっています。

https://www.un.org/sustainabledevelopment/energy/
日本語訳・国連広報センター(2018 年 12 月)

関連記事

  1. 一般社団法人ラ・バルカグループ【事例紹介】SDGs副本部長賞…

  2. 山陽女子中学校・高等学校 地歴部【事例紹介】SDGsパートナ…

  3. 株式会社大川印刷【事例紹介】SDGsパートナーシップ賞 第2…

  4. 株式会社虎屋本舗【事例紹介】SDGsパートナーシップ賞 第2…

  5. 12つくる責任 つかう責任

    SDGs【目標12】持続可能な消費と生産のパターンを確保する…

  6. 日本生活協同組合連合会【事例紹介】SDGs副本部長賞 第2回…

  1. SDGs【持続可能な開発目標】とは

  2. SDGs17の目標と169のターゲット一覧&個別解説

  3. ジャパンSDGsアワード第2回2018年・第1回2017…

〒461-0002
名古屋市東区代官町39番地18号
日本陶磁器センタービル5階
TEL.052-932-7111

SDGs目標と指標

1貧困をなくそう 2飢餓をゼロに 3すべての人に健康と福祉を 4質の高い教育をみんなに 5ジェンダー平等を実現しよう 6安全な水とトイレを世界中に 7エネルギーをみんなに そしてクリーンに 8働きがいも経済成長も 9産業と技術革新の基盤をつくろう 10人や国の不平等をなくそう 11住み続けられるまちづくりを 12つくる責任 つかう責任 13気候変動に具体的な対策を 14海の豊かさを守ろう 15陸の豊かさも守ろう 16平和と公正をすべての人に 17パートナーシップで目標を達成しよう