SDGs【目標3】あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

3すべての人に健康と福祉を

SDGs目標3のターゲットと指標

  ターゲット
3.1

2030年までに、世界の妊産婦の死亡率を10万人当たり70人未満に削減する。

  • 3.1.1 妊産婦死亡率
  • 3.1.2 専門技能者の立会いの下での出産の割合
3.2

全ての国が新生児死亡率を少なくとも出生1,000件中12件以下まで減らし、5歳以下死亡率を少なくとも出生1,000件中25件以下まで減らすことを目指し、2030年までに、新生児および5歳未満時の予防可能な死亡を根絶する。

  • 3.2.1 5歳未満児死亡率
  • 3.2.2 新生児死亡率
3.3

2030年までに、エイズ、結核、マラリアおよび顧みられない熱帯病といった伝染病を根絶するとともに肝炎、水系感染症およびその他の感染症に対処する。

  • 3.3.1 非感染者1,000人当たりの新規HIV感染者数(性別、年齢及び主要層別)
  • 3.3.2 100,000人当たりの結核感染者数
  • 3.3.3 1,000人当たりのマラリア感染者数
  • 3.3.4 10万人当たりのB型肝炎感染者数
  • 3.3.5 「顧みられない熱帯病」(NTDs)に対して介入を必要としている人々の数に対して介入を必要としている人々の数
3.4

2030年までに、非感染症疾患(NCD)による早期死亡を、予防や治療を通じて3分の1減少させ、精神保健および福祉を促進する。

  • 3.4.1 心血管疾患、癌、糖尿病、又は慢性の呼吸器系疾患の死亡率
  • 3.4.2 自殺率
3.5

麻薬乱用やアルコールの有害な摂取を含む、薬物乱用の防止・治療を強化する。

  • 3.5.1 薬物使用による障害のための治療介入(薬理学的、心理社会的、リハビリ及びアフターケア・サービス)の適用範囲
  • 3.5.2 1年間(暦年)の純アルコール量における、(15歳以上の)1人当たりのアルコール消費量に対しての各国の状況に応じ定義されたアルコールの有害な使用(ℓ
3.6

2020年までに、世界の道路交通事故による死傷者を半減させる。

  • 3.6.1 道路交通事故による死亡率
3.7

2030年までに、家族計画、情報・教育、およびリプロダクティブ・ヘルスの国家戦略・計画への組み入れを含む、性と生殖に関するヘルスケアをすべての人々が利用できるようにする。

  • 3.7.1 近代的手法に立脚した家族計画のためのニーズを有する出産可能年齢(15~49歳)にある女性の割合
  • 3.7.2 女性1000人当たりの青年期(10~14歳;15~19歳)の出生率
3.8

すべての人々に対する財政保障、質の高い基礎的なヘルスケア・サービスへのアクセス、および安全で効果的、かつ質が高く安価な必須医薬品とワクチンのアクセス提供を含む、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)を達成する。

  • 3.8.1 必要不可欠の公共医療サービスの適応範囲(一般及び最も不利な立場の人々についての、生殖、妊婦、新生児及び子供の健康、伝染病、非伝染病、サービス能力とアクセスを含むトレーサー介入を基とする必要不可欠なサービスの平均的適応範囲と定義されたもの )
  • 3.8.2 家計収支に占める健康関連支出が大きい人口の割合
3.9

2030年までに、有害化学物質、ならびに大気、水質および土壌の汚染による死亡および病気の件数を大幅に減少させる。

  • 3.9.2 家庭内及び外部の大気汚染による死亡率
  • 3.9.1 不衛生な水、不衛生な施設及び衛生知識不足(全ての人のための安全な上下水道と衛生(WASH)サービスが得られない環境に晒されている)による死亡率
3.a

すべての国々において、たばこ規制枠組条約の実施を適宜強化する。

  • 3.a.1 15歳以上の現在の喫煙率(年齢調整されたもの)
  • 3.b.1 各国ごとの国家計画に含まれる全ての薬によってカバーされているターゲット人口の割合
3.b

主に開発途上国に影響を及ぼしている感染性および非感染性疾患のワクチンおよび医薬品の研究開発を支援する。また、ドーハ宣言に従い安価な必須医薬品およびワクチンへのアクセスを提供する。同宣言は公衆衛生保護およびすべての人々への医薬品のアクセス提供にかかわる「知的所有権の貿易関連の側面に関する協定(TRIPS協定)」の柔軟性に関する規定を完全に行使する開発途上国の権利を確約したものである。

  • 3.b.1 各国ごとの国家計画に含まれる全ての薬によってカバーされているターゲット人口の割合
  • 3.b.2 薬学研究や基礎的保健部門への純ODAの合計値
  • 3.b.3 必須である薬が、入手可能かつ持続可能な基準で余裕がある健康施設の割合
3.c

開発途上国、特に後発開発途上国および小島嶼開発途上国において保健財政、および保健従事者の採用、能力開発・訓練、および定着を大幅に拡大させる。

  • 3.c.1 医療従事者の密度と分布
3.d

すべての国々、特に開発途上国の国家・世界規模な健康リスクの早期警告、リスク緩和およびリスク管理のための能力を強化する。

  • 3.d.1 国際保健規則 (IHR) キャパシティと衛生緊急対策

出展:外務省仮訳(https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000101402.pdf)

SDGs【目標3】あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進することは、持続可能な開発に欠かせません。

平均寿命を延ばし、母子の死亡と関連づけられている一般的な死因のいくつかを減らすという点では、長足の進歩が見られています。
しかし、2030 年までに生児出生 10 万人当たり 70 人未満という産婦死亡率のターゲットを達成するためには、熟練した分娩医療の改善が必要となります。

また、2030 年までに非伝染性疾病による早死を 3 分の 1 減らすというターゲットを達成するためには、調理に際するクリーン燃料使用に向けたさらに効率の高い技術と、たばこのリスクに関する教育も必要になるでしょう。

幅広い疾病を全面的に根絶させ、新旧の多種多様な健康問題に取り組むためには、さらに多くの取り組みが必要とされています。
保険制度のより効率的な財源確保、衛生施設と衛生状態の改善、医療へのアクセス拡大、環境汚染の削減方法に関するより多くのヒントの提供に注力することで、数百万人の命を救うための支援を大幅に前進させることができます。

事実と数字

小児保健
  •  1990 年以来、1 日当たりの子どもの死者は 17,000 人減少してはいるものの、毎年 500 万人を超える子どもが、5 歳の誕生日を迎える前に命を落としています。
  •  2000 年以来、はしかの予防接種でほぼ 1,560 万人の命が救われました。
  •  世界的な進歩にもかかわらず、サハラ以南アフリカと南アジアが子どもの死者数に占める割合は増大しています。5 歳未満で死亡する子どもの 5 人に 4 人は、これら 2 地域で暮らしています。
  •  貧困な家庭で生まれた子どもが 5 歳未満で死亡する確率は、比較的裕福な家庭で生まれた子どもの約 2 倍に上ります。
  •  小学校しか卒業していない母親を含め、教育を受けた母親の子どもは、まったく教育を受けていない母親の子どもよりも生存する確率が高くなっています。

 

妊産婦保健
  •  妊産婦の死者数は 2000 年以来、37%減少しています。
  •  東アジア、北アフリカ、南アジアでは、妊産婦の死者数がほぼ 3 分の 2 減少しました。
  •  しかし、開発途上地域の妊産婦死亡率(出生数に対する妊産婦死者数の比率)は、依然として先進地域の 14 倍に上ります。
  •  産前ケアを受ける女性の数が増えています。開発途上地域では、産前ケア受診率が 1990 年の65%から 2012 年の 83%へと上昇しました。
  •  開発途上地域では、推奨される医療を受けられる女性が全体の半分にすぎません。
  •  ほとんどの開発途上地域では、十代の出産件数が減少しているものの、改善のペースは鈍ってきています。2000 年代には、1990 年代に見られたような避妊具使用の急速な拡大が見られていません。
  •  より多くの女性が徐々に、家族計画の必要性を満たせるようになってきましたが、その需要は急激に拡大しています。

 

HIV/エイズ、マラリアその他の疾病
  •  2017 年の時点で、全世界の HIV 感染者は 3,690 万人に上ります。
  •  2017 年の時点で、2,170 万人が抗レトロウイルス療法を受けています。
  •  2017 年には、新たに 180 万人が HIV に感染しました。
  •  2017 年には、エイズ関連の疾病で 94 万人が死亡しています。
  •  エイズの蔓延が始まって以来、7,730 万人が HIV に感染しています。
  •  エイズの蔓延が始まって以来、エイズ関連の疾病で 3,540 万人が死亡しています。
  •  結核は依然として、HIV 感染者の最も大きな死因となっており、エイズ関連の死者の約 3 人の 1 人を占めています。
  •  全世界で、思春期の女児と若い女性はジェンダーに基づく差別や排除、差別、暴力に直面しているため、HIV 感染のリスクが高まっています。
  •  HIV は全世界の再生産年齢の女性にとって、主な死因となっています。
  •  エイズはアフリカで、思春期の子ども(10~19 歳)の主な死因となっているほか、全世界で見ても、思春期の子どもの 2 番目に大きな死因となっています。
  •  2000 年から 2015 年にかけて、サハラ以南アフリカの 5 歳未満児をはじめとする 620 万人以上が、マラリアによる死を免れました。全世界のマラリア罹患率は 37%、死亡率は 58%、それぞれ低下したと見られています。

https://www.un.org/sustainabledevelopment/energy/
日本語訳・国連広報センター(2018 年 12 月)

関連記事

  1. 北海道下川町【SDGs事例紹介】SDGs推進本部長賞 第1回…

  2. 国立大学法人岡山大学【SDGS事例紹介】SDGsパートナーシ…

  3. 金沢工業大学【SDGs事例紹介】SDGs副本部長賞 第1回ジ…

  4. 12つくる責任 つかう責任

    SDGs【目標12】持続可能な消費と生産のパターンを確保する…

  5. 株式会社大川印刷【事例紹介】SDGsパートナーシップ賞 第2…

  6. 15陸の豊かさも守ろう

    SDGs【目標15】森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土…

  1. SDGs【持続可能な開発目標】とは

  2. SDGs17の目標と169のターゲット一覧&個別解説

  3. ジャパンSDGsアワード第2回2018年・第1回2017…

〒461-0002
名古屋市東区代官町39番地18号
日本陶磁器センタービル5階
TEL.052-932-7111

SDGs目標と指標

1貧困をなくそう 2飢餓をゼロに 3すべての人に健康と福祉を 4質の高い教育をみんなに 5ジェンダー平等を実現しよう 6安全な水とトイレを世界中に 7エネルギーをみんなに そしてクリーンに 8働きがいも経済成長も 9産業と技術革新の基盤をつくろう 10人や国の不平等をなくそう 11住み続けられるまちづくりを 12つくる責任 つかう責任 13気候変動に具体的な対策を 14海の豊かさを守ろう 15陸の豊かさも守ろう 16平和と公正をすべての人に 17パートナーシップで目標を達成しよう