SDGs【目標13】気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る

13気候変動に具体的な対策を

SDGs目標13のターゲットと指標

  ターゲット
13.1

すべての国々において、気候変動に起因する危険や自然災害に対するレジリエンスおよび適応力を強化する。

  • 13.1.1 10万人当たりの災害による死者数、行方不明者数、直接的負傷者数
  • 13.1.2 仙台防災枠組み2015-2030に沿った国家レベルの防災戦略を採択し実行している国の数
  • 13.1.3 仙台防災枠組み2015-2030に沿った地方レベルの防災戦略を採択し実行している地方政府の割合
13.2

気候変動対策を国別の政策、戦略および計画に盛り込む。

  • 13.2.1 気候変動の悪影響に適応し、食料生産を脅かさない方法で、気候強靱性や温室効果ガスの低排出型の発展を促進するための能力を増加させる統合的な政策/戦略/計画(国の適応計画、国が決定する貢献、国別報告書、隔年更新報告書その他を含む)の確立又は運用を報告している国の数
13.3

気候変動の緩和、適応、影響軽減、および早期警告に関する教育、啓発、人的能力および制度機能を改善する。

  • 13.3.1 緩和、適応、影響軽減及び早期警戒を、初等、中等及び高等教育のカリキュラムに組み込んでいる国の数
  • 13.3.2 適応、緩和及び技術移転を実施するための制度上、システム上、及び個々人における能力構築の強化や開発行動を報告している国の数
13.a

重要な緩和行動や実施における透明性確保に関する開発途上国のニーズに対応するため、2020年までにあらゆる供給源から年間1,000億ドルを共同動員するという、UNFCCCの先進締約国によりコミットメントを実施し、可能な限り速やかに資本を投下してグリーン気候基金を本格始動させる。

  • 13.a.1 2020-2025年の間に1000億USドルコミットメントを実現するために必要となる1年当たりに投資される総USドル
13.b

女性、若者、および社会的弱者コミュニティの重点化などを通じて、後発開発途上国における気候変動関連の効果的な計画策定や管理の能力を向上するためのメカニズムを推進する。

  • 13.b.1 女性や青年、地方及び社会的に疎外されたコミュニティに焦点を当てることを含め、気候変動関連の効果的な計画策定と管理のための能力を向上させるメカニズムのために、専門的なサポートを受けている後発開発途上国や小島嶼開発途上国の数及び財政、技術、能力構築を含む支援総額

※国連気候変動枠組条約(UNFCCC)が、気候変動への世界的対応について交渉を行う一義的な国際的、政府間対話の場であると認識している。

出展:外務省仮訳(https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000101402.pdf)

SDGs【目標13】気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る

気候変動は、あらゆる大陸のあらゆる国に影響を与えています。
気候変動は国家経済を混乱させ、生活に影響を与えることで、人々やコミュニティー、国々に莫大なコストを及ぼしています。
その影響は現在よりも将来において、さらに大きくなっていきます。
気象パターンは変化し、海面は上昇し、異常気象はますます激しくなり、温室効果ガスの排出量は現在、史上最高水準に達しています。
対策を取らなければ、世界の平均気温は 21 世紀全体を通じて上昇し続け、その上昇幅は今世紀中に摂氏 3 度に達する公算が高くなっています。
最も大きな影響を受けているのは、最貧層と最も脆弱な立場にある人々です。

よりクリーンでレジリエント(強靭)な経済へと一気に歩を進められる手ごろで普及可能な解決策は、すでに利用できるようになっています。
再生可能エネルギーを利用したり、排出量を削減し、適応への取り組みに資するその他幅広い措置を採用したりする人々が増える中で、変革のペースも速まってきます。
しかし、気候変動は国境に関係のないグローバルな課題です。
気候変動は、国際レベルでの調整を要する解決策と、開発途上国の低炭素経済への移行を支援するための国際協力をともに必要とする問題なのです。

気候変動の脅威へのグローバルな対応を強化するため、各国はパリで開かれた国連気候変動枠組条約第21 回締約国会議(COP 21)でパリ協定を採択しましたが、この協定は 2016 年 11 月に発効しています。
すべての国はパリ協定で、地球の気温上昇を摂氏 2 度未満に抑えるよう努めることで合意しました。
2018 年 4月現在、175 の約国がパリ協定を批准していますが、気候変動対策のための第 1 回国内適応計画を提出した開発途上国も 10 カ国に上ります。

気候サミット

2019事務総長は2019 年 9 月、気候変動対策を国際的な最優先課題に据えるため、「気候サミット」を招集します。
サミットの準備は、メキシコの元外交官で事務総長特使を務めるルイス・アルフォンソ・デアルバ氏が先頭に立って進めます。
サミットでは、問題の核心、すなわち最も排出量の多い部門と、レジリエンスの構築で現状を最も大きく変革できる領域について集中的な話し合いを行うとともに、リーダーとパートナーに対し、実質的な気候変動対策を実証し、その野心を明らかにする機会を提供します。
各地域や都市、企業、投資家、市民社会が 2018 年 9 月、カリフォルニア州で開かれたグローバル気候行動サミットの詳細は、こちらをご覧ください。

IPCC 気候報告書 2018

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は新たな評価報告書で、地球温暖化を 1.5℃に抑えるには、社会のあらゆる側面で急速かつ広範な、今までにない変革が必要になると述べました。
地球温暖化を 2℃ではなく 1.5℃に抑えれば、人間と生態系に明らかな恩恵が生じるだけでなく、より持続可能で公平な社会の確保とも両立できる可能性があります。

特別報告書『1.5℃の地球温暖化』( 2018 年 10 月 8 日、韓国の仁川で発表:関連プレスリリース日本語訳はこちら)。
報告書は 12 月、各国政府が気候変動対策に関するパリ協定の運用を検討するため、ポーランドで開催されるカトヴィツェ気候変動会議に向けた重要な科学的資料となります。報告書に関する事務総長の声明は、こちらをご覧ください。

事実と数字

  •  2018 年 4 月現在、175 カ国がパリ協定を批准し、168 カ国は国連気候変動枠組条約事務局に初回の自国が決定する貢献を伝えています。
  •  2018 年 4 月現在、開発途上 10 カ国は、気候変動対策のための第 1 次国内適応計画 を完成、提出しています。
  •  先進締約国は引き続き、緩和対策のために 2020 年までに年間 1,000 億ドルを共同で動員するという目標の達成に向けて前進しています。

気候変動に関する政府間パネルの活動により、以下が明らかになっています。

  •  1880 年から 2012 年にかけ、地球の平均気温は摂氏 0.85 度上昇しました。大局的に見ると、平均気温が 1 度上昇するごとに、穀物の収量は約 5%ずつ低下します。1981 年から 2002 年にかけ、トウモロコシや小麦その他の主要作物の収量は全世界で毎年 4,000 万トンと、大幅な減少を示しています。
  •  海水温が上昇し、雪氷の量が減少した結果、海面が上昇しています。1901 から 2010 年にかけて、温暖化で海洋が広がり、氷が融けることで、世界の平均海水面は19センチメートル上昇しました。北極の海氷面積は 1979 年以来、どの 10 年間を取っても縮小を続けており、各 10 年間の縮小幅の平均は 107 万平方キロメートルに及んでいます。
  •  現状における温室効果ガスの濃度と排出の継続を勘案した場合、1850 年から 1900 年の期間を基準とする地球の平均気温上昇は、一つを除くすべてのシナリオで、今世紀末までに摂氏 1.5 度を上回ると見られています。世界中で海洋の海水温の上昇と氷の融解が続きます。平均海面上昇は2065 年までに24~30 センチメートル、2100 年までに 40~63 センチメートルに達すると予測されます。排出量の増大が止まったとしても、気候変動のほとんどの影響は、数世紀にわたり持続することになります。
  •  全世界の二酸化炭素(CO2)排出量は 1990 年以来、50%近く増大しています。
  •  2000 年から 2010 年にかけての排出量は、直前の 30 年のどの 10 年間よりも大幅に増えています。
  •  幅広い技術的措置を講じ、行動を変えれば、地球の平均気温上昇を産業革命以前との比較で摂氏2 度に抑えることはまだ可能です。
  •  大幅な制度的、技術的変革が起きれば、地球温暖化がこの水準を超えない可能性は 50%以上に高まります。

https://www.un.org/sustainabledevelopment/climate-change-2/
日本語訳・国連広報センター(2018 年 12 月)

関連記事

  1. 株式会社ヤクルト本社【事例紹介】SDGsパートナーシップ賞 …

  2. 4質の高い教育をみんなに

    SDGs【目標4】すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育…

  3. SDGs17の目標と169のターゲット一覧&個別解説

  4. 5ジェンダー平等を実現しよう

    SDGs【目標5】ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女…

  5. 株式会社伊藤園【SDGs事例紹介】SDGsパートナーシップ賞…

  6. 江東区八名川小学校【SDGs事例紹介】SDGsパートナーシッ…

  1. SDGs【持続可能な開発目標】とは

  2. SDGs17の目標と169のターゲット一覧&個別解説

  3. ジャパンSDGsアワード第2回2018年・第1回2017…

〒461-0002
名古屋市東区代官町39番地18号
日本陶磁器センタービル5階
TEL.052-932-7111

SDGs目標と指標

1貧困をなくそう 2飢餓をゼロに 3すべての人に健康と福祉を 4質の高い教育をみんなに 5ジェンダー平等を実現しよう 6安全な水とトイレを世界中に 7エネルギーをみんなに そしてクリーンに 8働きがいも経済成長も 9産業と技術革新の基盤をつくろう 10人や国の不平等をなくそう 11住み続けられるまちづくりを 12つくる責任 つかう責任 13気候変動に具体的な対策を 14海の豊かさを守ろう 15陸の豊かさも守ろう 16平和と公正をすべての人に 17パートナーシップで目標を達成しよう